読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩と泥と眼鏡

浅く広いぬるいヲタクの備忘ログ

創作とクリエイターの熱量を感じた四月の中頃

 札幌の演劇専用小劇場BLOCHで3月末から4月3日まで行われていたイレブンナインさんの短篇演劇「分泌指南」全8作を見て来ました。一度の公演に4作品を行うスタイルで演者さんによっては4作品中3作品に出ていらっしゃる方もいました。こういうクリエイティブなものから熱量を感じることが大好きで、時間があるときはいそいそと小劇場に足を運びます。サッポロファクトリーの近くという好立地で面白いことをたくさんやっているBLOCHさんには何度か訪れたことがあります。

 札幌には小劇場がいくつかとたくさんの劇団があり、小劇場演劇が盛んに行われています。実は私の友人も大学の演劇サークルから独立し、高校時代の友人とともに劇団を立ち上げました。そして彼女の劇団の旗揚げ公演が間近に迫る中、4月17日に「旗揚げない公演」と銘打った15分程度の短篇演劇をとあるカフェ&イベントスペースで行われた札幌の大学生クリエイターを集めたイベントで披露しました。

 札幌の大学サークルが主体となって開催したイベントだったのですが、3DCG勉強会からはじまり、DTMサークルのDJや放送サークルの映像作品の出展、そこの大学の演劇サークルから独立した二つの劇団がどちらも二人芝居を披露していました。ガラス張りで外に面したイベントスペースだったため通行人もなんだなんだと中をちらちら覗いていくのです。そのイベントスペースは札幌のオタクカルチャー系のショップがいくつか入ったビルの一階にあるテナントでサブカル系ショップも併設されています。ショップを見に来た人がイベントをそのまま見ていったりもしていて、そういうものを見る! と身構えていない人がふらっと立ち寄れるのは魅力的だし、そういう引力は大切かもしれないなんて、奥のカフェスペースでカフェラテをすすりながら2劇団の脚本演出等を担当している3人と放送サークルの演出担当が司会のアフタートークを聞きながらぼんやりと考えたのでした。

 創作物そのものに熱量は宿っていると思います。そして、沢山の人の手を渡ってその一つの創作物の熱量は増えていくとも考えています。私も実はそのイベントに出展した映像作品3作のうち1作品の脚本を担当したのですが、たった30秒の動画です。でもその30秒にいろいろな人の熱量があるのを感じました。

 創作したそのものに形は無くても、たくさんのひとの想いがそこにあることを再確認しました。またこのような催しがあったらクリエイターの想いを感じに行きたいなあ。つくることは楽しいし、つくったものを見てもらえるとうれしい。いろいろなひとのいろいろな思いが交差する素敵なイベントでした。まるで出展だけしてイベントをぼーっと見ていたような口ぶりでブログを書きましたが、実際には運営側での参加でした。設営もやったよ。しかも2つの演劇のうち片方は普通に袖(的なところ)で小道具渡してました。えへへ。

 

 

Wonderでフロアを沸かしたい

お題「NEWSの7thアルバム「QUARTETTO」で一番好きな曲は何ですか?」

QUARTETTO【通常盤】

QUARTETTO【通常盤】

 

 歌喜劇 市場三郎~温泉宿の恋のチケットを当て、さらには飛行機と宿を予約して財布がすっからかんの濱田担、やさしいオトモダチからQUARTETTOを借りるの巻。*1

 買ってからレビューするつもりでしたが一曲だけ、一曲だけ話させてください。買うから! 買うから!

 Love Wonderland(嵐)のAKIRAさんとNEWS担にも馴染み深いtake4さん共作の「Wonder」の話をさせてください!!!!

 この曲絶対DJで一曲目にぶち込んだらフロア沸くよ!  みんなノリノリだって。もーちょー乗れるって。*2

 Wonderがノれる理由は軽快なギターサウンドとしっかりしたベースライン、重くなりすぎないヴォーカル、そしてサビで心地よく繰り返される「Wonder」 この曲はロックテイストのアイドルソングとして完成されていると思う。

 4分間聴く人を飽きさせないサウンド作りがほんと最高。開始15秒までのピアノのクラシカルな暗めのサウンドから一気にデジタルな音で加速していくのがもうたまらない。耳残りの良さ、現時点で今年ナンバーワン。

 で、物は試しに今日のお昼、ミラーボール回して*3DJコンで簡単にWonder→LIS'N→NEWSKOOL→Departure→チュムチュムの流れでひとりDJしてたんすけどなにこれもう最高。アルバム一枚で素敵なセトリが出来んのすごいね!

 我が軍も今年も素敵な楽曲が増えていくといいなあ。ジャニーズの曲は結構DJに向いてるんですよ。ポップスDJに。この前サークルの内々のイベントで45分ほどジャニーズDJしたんですよ。チュムチュムとかフロア沸くからね。あのその実は私チュムチュムめっちゃ好きなんすよ。あ、めっちゃ話それた。

 

 総括:もっとみんなジャニーズでフロア沸かそうぜ!

 

*1:お金がたまったら買うと誓わされました。買うよ。この名盤逃すわけにいかないっての

*2:語彙力が行方不明

*3:お昼だから光見えないけど

おもしろいAskが来たから妄想しとく

 ジャニーズの曲(グループ問わず)の中で①これからPV化してほしい曲②その曲をもとに映画化してほしい曲③ドラマ化してほしい曲をそれぞれ教えてほしいです。

 ってAskをいただきましたのでブログでがががっと書いちゃいましょうねー。

 

①PV化してほしい曲

 「PARTY MANIACS」(ジャニーズWEST)

  ジャニストくんたちにはカッコイイ曲のPVが一曲しかないので是非ガシガシ踊るカッコイイPVが欲しい。イメージ的にはV6の蝶とかああいう感じのカッコいい空間でとにかく踊る! 魅せる! 的なサムシングを求めています。夢を抱きしめてだけじゃ満足できないんですよこちとら。ええ、お願いいたします。

 

②映画化してほしい曲

 「Time gose by」(ジャニーズWEST)

 高校で同じ部活だった先輩後輩が当時を思い出すために集まったところから物語ははじまる。それぞれ違う道を歩んでいた彼らは、懐かしい顔を見て久しぶり、と声を掛け合うが、その場にいるべき人が一人いなかった。それは彼らを集めたその人だった。その名前を見た彼らは後悔と罪悪感だけでそこにやってきたのだ。なあ、なんでお前は俺たちを集めたん? それから。お前はいまどこにいるん? 彼らは足りない1人を探しに行く。差出人行方不明の招待状、抜け落ちた青春時代の記憶、謎が謎を呼ぶ物語。青春時代の忘れ物、探しに行きませんか。……みたいな青春群像劇でメインは重岡、いなくなった一人が神山、話をどんどん進めていこうとするのは藤井、話を聞いてるだけの後輩と思いきやなんらかの物語のカギを握っているのが小瀧、その小瀧が妙になついている上になんか怪しい先輩を濵田、なにか大きな隠し事をしているらしい桐山、暴走しがちの藤井のブレーキ役の中間、とこんなイメージで。全員映画欲しいなあ……

 

③ドラマ化してほしい曲

 「殺せんせーションズ」(せんせーションズ)

 殺せんせーションズをドラマ化してほしいというより、せんせーションズの深夜ドラマが欲しい。かなーり前に呟いた気がするけどテレビ東京ドラマ24あたりの枠で激ゆるだけど現代社会の風刺とか皮肉たっぷりのダークヒーロードラマを繰り広げてほしい。若造司令官コマンダーとそれを陰から支えようとするも陰から過ぎて画面に映る回数がなんだか少ないSHINOBIや研究内容に関してラボでいがみ合うギークとドクター、妙に達観しているスコープと死に急ぐソニックハンター、三人で現場に向かうもすでにターゲットは死んでいて冷静さを欠くラピッドファイヤーとバレットを落ち着かせようとするファルコンJr.とかね、見たいものてきとうに書き殴りました。そういうドラマほしいなあ……

 

 こういうのって考えると尽きないよね。ほんとこういうの楽しい。ありがとうございました。

 

ちょっとだけ、疲れてしまいました。

 JUMP担を名乗るのをしばらくやめようと思います。

 

 最近、JUMPに割いている時間がめっきり減りました。好きなのには変わりはないけれどそのグループを担当だと呼ぶにはあまりに忍びないぐらいにはJUMPに時間を割いていないのです。聞ける環境にいるのにラジオは聞かないし、iPodでもあまりJUMPの曲を聴きません。飛躍する彼らはとても愛おしいですし、いつかたどり着くであろう「てっぺん」が近づいてきているのもなんとなくわかります。でも、あまりに一気に遠くへ彼らは行ってしまったな、と思えてきました。

 昔から地方の壁に直面しています。待てど暮らせど「スクール革命!」ははじまりません。要望メールを送り続けても「いただきハイジャンプ」の文字は番組表に出できません。アマゾンにCDやDVDを頼んでも届くのは発売週の金曜日です。雑誌などの入荷も遅れます。ジャニショもありません。何よりコンサートや舞台が来ません。お金を払って遠くに見に行けるのが本当のファンだといいますが、下宿住まいでバイト掛け持ちしてもカツカツの貧乏学生にそんなことは出来ません。確かに昔からそうでしたが大学生になり自分で動かせるお金と時間が増えてしまって今まで以上に考えるようになりました。

 そして、伊野尾くんのことです。本人のキャラクターと売り出し中のビジュアル・キャラクターの乖離が激しすぎてついていけなくなりました。好きなら全部好きになれよ、と思ってましたし、全部好きになってやるとも思っていました。でも、無理でした。もう耐えられません。彼のことは好きだけど、心から今の彼を応援することができないのです。俗っぽく言えば解釈違いなのです。たしかに伊野尾くんの顔は美しくて中性的です。でも、「女の子みたい」とか「少女漫画のヒロインのよう」という形容は25歳の男性を示す表現としてどうなんでしょう。そういうことばかり考えてしまいます。

 

 そんな日々にちょっとだけ、疲れてしまいました。

 

 JUMPのファンクラブは継続する予定です。コンサートが来たら行きますし、CDやDVDも買います。これからも彼らのことが大好きです。でも今まで通りの熱量を彼らに向けることはしばらく出来ないし、しないと思います。まあ、そんなに生活は変わらないと思います。JUMP担という看板をしばらく下ろすだけで。

 思ったより早くその時が来ました。前に担増やしの話*1をしたときはまだ耐えられたんですが、伊ニャー君が出てきてから「あ、もう無理かもな」って一瞬頭の中をよぎって、それから楽曲大賞の自担部門に初めて伊野尾くん以外の名前を書いて、それに納得してしまって、しっくり来ている自分に笑ってしてしまいました。

 こんなことブログに書くなよって話ですが自分の心の整理のためにそっとしたためることにしました。

 これからもJUMPのことは応援していきます。今までよりは熱量を捧げることは減るだろうけれど。

 

鍵ブログ更新しました

 鍵ブログ更新しました。ピンクとグレーの感想です。

「映画『ピンクとグレー』感情 追記に少し傘蟻の話」http://ferriswheel853.hatenadiary.com/entry/2016/01/10/001717

 ネタバレ追記にあります。ご注意ください。

自担を何故好きになってしまったのかほろ酔いの頭で考えた

 昨日は、私が自担と呼んでいる方の一人、濵田崇裕くんの誕生日でした。こんなに素敵な日の後だから彼と、もう一人の自担、伊野尾慧くんのことを安酒でほろ酔いになった頭で考えてみることにしました。そういえばまだどうして彼らが好きなのかという記事を書いていないのです。さっき気づきました。私は前に担増やし記事を書きました*1。この時点で濵田担も名乗ることを決めた私ですがこの後ローリングコースター状態でどんどん濵田くんにハマる日々でした。どうしてこんなに好きなんだ、伊野尾くんと濵田くんの共通項が見当たらない、でも好き好き大好き! みたいな日々を送っています。私、結構あたまがわるく左脳人間なもので直感的に好きってなったとき戸惑いと愛情が溢れかえって言語化が出来なくなって何も言えなくなるか奇声を上げてしまうのです。一度冷静になって考えてみようかなと思います。(酒入ってるので冷静になれないと思うけど)

 

 2人の共通項

 ビジュアルから抱く印象は真逆です。女性的で柔らかな印象の伊野尾くんと男性的で硬質な印象の濵田くん。普段の好みは圧倒的に前者なのですが、濵田くんの顔がかなりドストライクなもんで普段の好みとかガン無視でお顔も好きになりました。芸術品みたいな美しいまぶたの形をしているのに、ωみたいなかわいい口の形をしてるとか……。伊野尾くんの顔はどこが好みかといえば横顔の美しさでしょうか。それから唇の整った感じ前歯のチラ見せ感かな。この2人の共通して好きなパーツは舌の形です。ふっくらとしていながら先細りした長い舌! いいですよね。

 ところでこの2人中身が結構似ています。つかみどころのない感じとか、努力を隠すところとか、多くを語らないところとか。伊野尾くんはテキトーで濵田くんは天然爆弾ですが、この二人どことなくを感じる発言が多いことがある上に、時々、目が死んでる。そうです、他のメンバーの目がらんらんと輝いている中でひとり目が死んでることがあるのです。なんだよそれズルいなあ。私、目が死んでるアイドル大好物なんですよ。

 あとこの二人は尊先が同じ*2∞の丸山くんなのもまた共通項です。やっぱりを感じる。

 

 パフォーマンス(など)の2人の差異

  • ファンサ塩対応の伊野尾くんとファンサ神対応の濵田くん
  • ダンスがグループで一番苦手(らしい)伊野尾くんとしなやかに大きく踊る濵田くん
  • 癖のある可愛らしくて鼻にかかった甘い歌声の伊野尾くんと癖のないストレートでなんにでも混ざる歌声の濵田くん
  • バク転できない伊野尾くんと得意技は540°にコークスクリューとアクロ担当の濵田くん
  • 割とぶっこむ無礼芸と口の悪さと自頭の良さで絶妙なバランスのフランクな喋りをする伊野尾くんと優しさとバカっぽさがミックスされた噛み噛みなところも愛おしい喋りをするけど時々口の悪さが露呈する濵田くん
  • まだまだ粗削りなところもあるがまっすぐな演技をする伊野尾くんとどちらかと言えば憑依型の力強い演技をする濵田くん
  • ラジオでたまに噛むけど基本はツッコミポジションの伊野尾くんとラジオでよく噛むどころか「お便りを紹介して」といわれて何を勘違いしたのかお便りの宛先を読みはじめた濵田くん
  • ピアノを弾ける伊野尾くんとギターを弾ける濵田くん
  • 舌ったらずなところがある伊野尾くんと舌ったらずなところがある濵田くん
  • いじられキャラの伊野尾くんといじられキャラの濵田くん
  • 先輩に愛されまくりの伊野尾くんとメンバーに愛されまくりの濵田くん
  • メイキングでキレキレの伊野尾くんとメイキングじゃなくてもキレキレの濵田くん
  • 自称ドM他称ドSの伊野尾くんと自称ドM他称ドMの濵田くん

 ざっとあげてみてこんな感じですかね。愛おしいな......。なんか褒めてるんだか貶してるんだかわからない内容になってますが書き出すたびに2人とも愛おしくなりましたね。なんでしょうねこれ。書き出すって大事なんですかね。

 

 自担のそこはかとない闇と狂気が似合いそうだよねって話

 さっき、自担の共通項に「闇を感じる」と書きました。そうです。闇です。伊野尾くんはまだ隠してるものがありそうとかミステリアスなイメージがつきまとっているので闇と言われてああ、となる人もいるでしょう。でも濵田くんは明るくて優しくて裏表の無い人、というイメージが大きいと思います。しかし、雑誌の発言などを読むと中々怖いんですよね。これどこかで感じたことがあるぞ......相葉ちゃんですかね*3。なんだか似た系統です。血液型占いはそこまで信用していないのですが濵田くんはAB型なんです。相葉ちゃんと一緒の。ああ、わかるわかると私はひっそり納得しています。

 次、狂気の話。狂気が似合うアイドル大好きなんですよ。悪役がよく回ってくることに定評のある横山くんが二番目に好きになったジャニーズの私です。そうです結構いる自担に悪役を演じてほしい派の人間です。濵田くんはすでに2役舞台で悪役を演じていますので次はテレビドラマか映画でお願いします! って感じです。看守長*4と黒影*5を見た日からずっと待ってます。あんな狂気満載の役をデビュー前に任される濵田くん推せる。悪役というか精神病んでる役とか似合いそうじゃないですかね。ザ・クイズショウの本間さんみたいな役来てほしいです。伊野尾くんは今の売り方としては悪役が回ってくるのはかなり先のことになってしまいそうですが、いつか実現する日が来るのを楽しみに待っています。たとえば頭脳犯とか似合いそうじゃないですか。魔王の成瀬先生とか左目探偵EYEの夢人みたいな間接正犯! でもでも血みどろスプラッタも見たい! 趣味全開で失礼しました。でも絶対似合うと思います。

 

 村を焼いてほしいとか詐欺被害に遭いたいとかハリポタの組分けとかそういう話

 今年の夏は村焼きが流行ってそれに便乗してなぜか詐欺被害に遭いたいというタイトルの記事*6を書きました。その時、もちろんというかなんというか伊野尾くんを1位にしました。この順位はきっとこのレベルで胡散臭い子が出てこないと覆ることは無いと思います。えへへ。濵田くんは頭脳犯よりも実行犯が似合いそうな子なのでどちらかと言ったら詐欺より村焼きしてほしい。死んだ目で焼き払ってほしい、というか濵田くんは神山くんと一緒に既に村を焼いてる*7んですよね。しかも「村があった証拠すら残すな!」って叫んでるんですよ。自担が既に村を焼いている世界線に生きています。意味わかんねえ。最高かよ。

 最近にわかにハリポタの組分け流行ってますよね? 何度もつぶやいてるんですけど自担2人を組分けするなら伊野尾くんがレイブンクローで濵田くんがグリフィンドールだと思っています。私の中の組分け帽子は伊野尾くんのレイブンクローを即答しますが、濵田くんのグリフィンドールは悩みに悩んだ結果の回答です。スリザリンとハッフルパフで延々と悩んだ挙句にグリフィンドール! と叫びますね。そんな感じです。これ以上の内容は今度鍵ブログにでも書きます。

 

 途中からなんで好きになったのかじゃなくてこういう自担が見たいプレゼン大会になっていることに気付いたけど方向修正はしません。この記事書いて見えたことはなんやかんやどんな自担も好きなんだなという盲目さだけです。何も見えてねえじゃん。

 深夜テンションで書いた記事なので恥ずかしくなって急に消すかもしれないです。いやあ楽しかった。

 

*1:すき、を二人に捧げ続けたら疲れるのはわかってるけど……仕方ないじゃん。好きになっちゃったんだもん。 - 塩と泥と眼鏡

*2:多分。伊野尾くんが最近尊先の話をしないので変わっているかもしれない

*3:実は元担というか殿堂入り枠です

*4:少年たち Jail in the Sky

*5:滝沢歌舞伎2012

*6:詐欺被害に遭いたいジャニーズ10選 - は塩と泥と眼鏡

*7:滝沢歌舞伎2012

季節を歌うNEWSは美しい #にゅすほめ

 この記事はしきさん(@shikishaa)主催のAdvent Calendar 2015 #にゅすほめ への寄稿記事です。

www.adventar.org

 

 NEWSの楽曲についてぼんやりと考えてみると夏の楽曲が多いイメージがある。彼ら自体季節で例えるなら夏だと私は思っている。NEWSの楽曲はどれもきれいに纏まった曲が多い。その中でも個人的に季節の曲が美しいと思う。どの季節がどの曲か独断と偏見で(自分のiPodの中に入ってる音源の中で)選んだ。歌詞に春夏秋冬それに相当する単語がある曲以外にも、なんとなくこの季節な気がするという曲も入っている。

 

 『SNOW EXPRESS』『真冬のナガレボシ』『永遠色の恋』

 季節は冬。まずは冬の話からしてきましょう。NEWSの冬は幸せと永遠を願う季節である。多用される鈴やウインドチャイムの音が雪の降る季節を連想させる。『真冬のナガレボシ』『永遠色の恋』はゆったりとしたメロディラインで、特に『永遠色の恋』はクリスマスを意識させるサウンド作りをしていたてこの時期にぴったりの曲だと思う。この2曲とは対照的に疾走感のあるサウンドで冬を描いている『SNOW EXPRESS』は個人的にNEWSで一番好きな楽曲だ。今の彼らより6人時代のほうが冬を描くのはうまいと思う。

 

『さくらガール』『バタフライ』『勿忘草』『Love Melodies』

 爽やかな仕上がりの『Love Melodies』と、しっとりと歌い上げる『勿忘草』『さくらガール』『バタフライ』が個人的には春の印象が深い。どちらかと言えばNEWSの春は落ち着いた季節である。ピアノやストリングス系の音で優しくまとめ上げた世界観がNEWSの春の優しさを示している。

 

梅雨〜初夏 『Weather NEWS』

 最初この曲を夏に分類していたがこれは梅雨明けから夏に向かう季節の曲である気がしてきた。爽快なギターサウンドとコーラスで来る夏への期待感をテンポよく表現している気がする。 とにかく明るくなれる初夏の歌。そんな印象がこの歌にある。

 

 『君がいた夏』『SUMMER TIME』『恋祭り』『渚のお姉サマー』『NYARO』『Greedier』『ささぶね』など

 さて、この記事の本編だ。最初にNEWSは夏の楽曲が多いイメージと書いたが、そのイメージを作っている曲はほとんど今、4人のNEWSの曲なのだ。確かに『SUMMER TIME』のように6人時代から歌っている夏の曲もある。でも明るくて元気なあたまのゆるそうな(褒めてる)恋の歌は今の彼らのほうが得意だろう。その筆頭『NYARO』『渚のお姉サマー』は使っている楽器は違えど楽しさを助長させていくようなリズムの刻み方をしている。あとあたまがゆるそうな恋に聞こえるのはほとんど歌詞のせいだど思う。もちろん聞かせる恋の曲もある。『ささぶね』『Greedir』『君がいた夏』がその例だ。しっとりとしたサウンドに乗せて夏を歌い上げている。夏でここまで幅広く聴かせる彼ら、最高である。

 

 『秋の空』

 秋の曲はどこのグループも少ない。なんとなく切ない季節ではあるが、春のように「出会い」や「別れ」といった描きやすい物も少ない。(秋生まれがこう言ってはいけないのはわかっているが)分かりにくい季節である。でも、そのなんとなく切ない感じをピアノのサウンドにのせてしんみりと歌い上げている『秋の空』はそのタイトルの通り、空の情景と心情を重ね合わせた切なくて美しい曲である。秋が美しい季節だと彼らが教えてくれた。そんな感じ。

 

 四季の移ろいの美しさを体現してくれるアイドルには信頼を置いている私だが、今回この記事を書いて、NEWSの楽曲表現のすばらしさを再確認した。季節を歌うNEWSは美しいのだ。この中に書いてある曲でパフォーマンスを見たことのない曲もあるが多分その曲を歌うNEWSも美しいだろう。

 NEWSと四季、大きく言うとアイドルと四季を感じて、幸せな気持ちになると共に彼らと同じ季節を感じられることに感謝を記してこの記事を締める。