読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩と泥と眼鏡

浅く広いぬるいヲタクの備忘ログ

いさなとり 海は愛おし あなたもよ 囁く前に いのお作文

JUMP

 伊野尾慧くんの短期集中連載いのお作文の掲載終了まであと47時間を切った。ウソだといってよ、バーニィ……3回目のキラキラ光れしてる場合じゃねえ! ジャニネに感想は送った。オーケーオーケー。じゃあ、いのお作文について分析を、してる人はたくさんいるからしなくてもいいだろう。ということでいのお作文について思ったことをアーモンドキャラメルポップコーン片手に書き連ねておく。

 今回のこの短期集中連載は舞台に向けてのもののはずなのに、有岡くんへの私信だったり、有岡くんに乗っ取られてたり、気づいたら食べ物の話ばかりになっているし、食べ物の話でもタイトル通り作文にしたり、あいうえお作文やったり、小論文書いたり、果てには俳句(季語おにぎり)や短歌(字足らず)を詠む、というびっくりレベルの幅広さ。こりゃあ驚いた。なにより驚いたのは短歌に枕詞を入れてきたところだ。一応これでもクソ文系大学生の端くれの私が「いさなとり、とはなんぞや?」となってしまったのに、理系の伊野尾くんはそつなく短歌に枕詞を盛り込んできた……。あの子理転組だったかしら。文理どっちもこなせる人に強い憧れがある私としては今回のいのお作文で伊野尾くんへのキュンキュンメーターがはちきれそうです。今回の短期集中連載を通して伊野尾くんは本当に器用で聡明な人だなと思った。あっ、これちょっとリア恋まっしぐらじゃないですかやだー。*1

 

 青春と恋の香りの初鰹 君にごはんを作って欲しい*2

 

 いのお作文の全体の感想を短歌にしたためて、今日のブログを締めさせていたたきます。あ、Mステの伊野尾くん超絶かわいかったんだけどなんかもうそのかわいさで死にそう……4回目のキラキラ光れしてきまーす。

*1:前の記事にも書いたけど私は器用な男の子が好きだ

*2:いのお作文の短歌が字足らずだったので字足らずでお送りします