読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩と泥と眼鏡

浅く広いぬるいヲタクの備忘ログ

カーラジオでも聞きたいからさ、どっか連れてってよ (JUMPing CARの今更過ぎる感想前編)

 先日(というか一週前)、JUMPing CARの一部楽曲の覚え書きを書きましたが、そういえば感想自体はまだ書いてないな、と思いましたのでさらっと全曲感想を今更ながら書こうと思います。まずは前編。Chau#まで一気に書きました。

 

saltandsilt.hatenablog.com

 

 一応この記事で触れた曲もこっちで感想書きたいなあという気概でこの記事書いてます。たぶん内容的な重複は確実に見られますのでその辺は目をつむってください。

 

01. Fantasist  最初の目覚ましの音で一瞬スクールガールかな?とか思ったのは本当に申し訳ないな、と思ってます。最初に思ったことはタイトルのフォント*1と曲の感じ違うけどそれでいいの!? って。ほんとうにごめんなさい。でも吹奏楽大好きおばさんというかクラリネット大好きおばさんの私大歓喜な楽しい(?)サウンドを考えるとこの楽しげなフォントも正解かもしれない。吹奏楽部時代にこの曲の楽譜配られたらグリッサンド辛そうだねクラリネットのみんな! とかいいながら低音ブンブン鳴らしてるんでしょうね*2

 

02. JUMPing CAR エンジン音からのラジオエフェクト……いやもうこの曲イントロから楽しいの確定だよね。ってラジオで初めて流れたときに感動を覚えたところあります。2番の有岡くんのアチチッチ砂浜がカワイイ。作編曲がウィークエンダーと同じ原一博さんと知ってこのゴキゲンサウンドに納得そして脳内で絶賛の嵐! ノれる曲大好きです。ジャニソンDJするなら最初のほうにこの曲入れてふっふー!する準備は万全です。するとしても部室でひとりクソデカスピーカー先輩と向き合ってですけど。これは寂しい。

 

03. Walk 手元にCDと歌詞カードがそろっている場合、曲を聴く前にまず歌詞を読む習慣があるんですけど、これにはいい意味で裏切られた。この歌詞見たらとりあえずバラードだと思いますよ。というかまず思った。歌詞からは連想出来ないさわやかな曲調に最初「あ、これ再生する曲間違えたかな」ってなりました。でも好きな感じですよ。この曲の作編曲のyouwhichさんは先の記事でも書きましたがあの『movin'on』の作編曲の方ですよ。もうこれは好き!!!!ってなります。即落ちです。

 

04. SHen SHera SHen 4曲目にして真打登場。個人的にこのアルバムで一番好きな曲です。シェンシェラシェンゲパンダリロンという謎呪文が脳内にこびりついて他の歌詞思い出せなくなりそうですけど、これがまたメッセージ性の高い歌詞なんですよ。ちょっと哲学じみてる気もしますが。この曲の作詞曲のイワツボコーダイさんですけど、ジャニーズがらみのお仕事多い方ですよね。BESTのスルーもこの方ですし。この方の作る曲は個人的に信頼しています。共作のKevin Chargeさんも先の記事で書きましたが好きなアレンジャーさんだなと思っています。

 

05. ウィークエンダー みんな大好きウィークエンダー! コーラス多用のゴキゲンサウンドにバブリーなアレンジ! 楽しくないわけがない! あ、でも楽曲大賞でこの曲に一票も投じてねえんだ*3。すまんな! この曲のサウンド作りの現場を見たいと思ってしまうレベルでのギターモリモリコーラスモリモリの楽しいサウンドありがとうございます!!! アルバム発売で改めて聞き込んだ感想でした。

 

06. キラキラ光れ カレーソング第三弾。いままでのカレーソングのセンターは知念くんって感じでしたが今回は裕翔くんセンターですね。この曲をイントロ込みで初めて聞いたのはMステでした。ラジオもMVのWSもすべて逃しまくり……えへへWSとかベタ撮りしない派なので気づいたら全部逃してたりするんですよね。ラインダンスすごくかわいいです。あとMVの薮くんの『できないことが初めてできた時のうれし涙』のところ好きです。何がってもう、もう……察してください。語彙力が足りないです。

 

07. 愛よ、僕を導いてゆけ キンキっぽい、嵐っぽいと先輩達の楽曲に似てると何かと話題ですしTLの体感ではこの曲が一番人気な気がします。でも何よりも伊野尾くんが大サビの歌いだしだって言う伊野尾担的にはそんなことあっていいのか、と半信半疑で死ぬしかないみたいな出来事が起こっているのがこの曲です。それにしても作詞曲のオカダユータさんは本当に「ただ前へ」といい味わい深い曲を作りますよね……この方も個人的に信頼している作家さんです。

 

08. Fever エンブレェム…(低音)にそこはかとないサンホラ感を勝手に感じてるのはきっと私だけだと(小声)。有岡くんのよりどりBoom Boomの歌い方最高に痺れる。錦飾れよいよいよいってワードだけはJUMPくんたちのインタビューで出てきていたのであんまり期待してなかった(暴言)曲なんですけど、先の記事にも書きましたけど作詞曲R.P.P.さんなんすよ。そんなのカッコいいサウンドに仕上がるに決まってますよね……。あとあの編曲のSSkHzさんなんですけど少しか情報増えたかな、と検索しても二番目にこのブログが出てきます。SSkHzさんについてご存知の方がいらっしゃいましたらコメント、Twitter等にご連絡ください。何度も言いますが当方切実です。

 

09. Boys Don't Stop 圧巻の激アツ楽曲。作編曲はBOUNCE、Hurry up!、FOREVERでおなじみのTommy Clintさん。クレジット見た瞬間にこの曲へ期待が溢れ出しまして、期待通りものっそいカッコいい! 惚れる! 薮くんのフェイクからはじまる楽曲に外れは無いですからね。薮くんの歌声には物語がありますよね……この話は長くなりそうだからまた今度。エフェクトをかけた音声の効果的な配置の勉強にもなりました。コンサートでの披露が特に楽しみな曲です。やってね?

 

10. Dangerous インタビューで「僕はVampireとつながる曲」と言ってたからBYAKUYA(NEWS)方向の曲なんだろうなと思っていたらどちらかというとCan't Stop(ジャニーズWEST)方面でした。ありがとうございます*4。よし、おもしろそうだからJUMPとWEST対バン形式しよう。というのは置いといてあの、木管大好きおばさん大歓喜のサウンドじゃないですか……。好き! これも歌いだしは薮くんのフェイクですよね。もう大好物2曲連続とか楽しすぎじゃないですかやだー。ところでなんで題字フォントImpactなんですかね。見た瞬間「アー!? インパクトォ?!?」って叫びかけました。でも好きなフォントですよ、Impact。……何の話してましたっけ。

 

11. Chau# 前曲との方向性の差で脳内に住んでいるバンドが解散しかけました。高低差ありすぎて耳キーンなりました。よくバイト先でかかっていたのですがかかるたびに「本当に君らポップでハッピーだな……」ってつぶやいてました。ええ、バイト中にです。ところでこの曲と両A面のはずだった我I Need Youはどうしましたか?

 

  思った以上に長くなってしまったのでここでいったんぶった切ります。後編に続け! いまから銭湯行って少し頭柔らかくしてきます……

 

*1:たぶんGill Sana UltraBoldだと思う

*2:吹奏楽部時代はバスクラリネットやってました

*3:’14年の楽曲大賞は一位アワフュ、二位キャンスト(ジャニスト)、三位コンパスローズ、四位アイドル、五位ぶつかっちゃうよ(セクゾ)に投票した

*4:Can't Stopが大好きすぎて楽曲大賞の順位の低さを嘆いていた