読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

塩と泥と眼鏡

浅く広いぬるいヲタクの備忘ログ

一度でいいからしたかった妄想―自担に彼を演じてほしい、なんて―

妄想枠

 昨今の漫画作品実写化ブームを見ていると、たくさんの作品の中の”彼”を自担と呼ばせていただいている彼らに演じてもらいたい、なんて思うことがある。例えば、『プシュケの涙』『ハイドラの告白』『セイジャの式日』(メディアワークス文庫)に出てくる由良彼方と由良宛を加藤シゲアキくんに演じてもらいたい、とか。ザックリといえばそういう話である。たった4作品なので興味のある方のみお付き合いいただきたい。

 シゲアキくんに演じてほしい由良彼方は美大生で、変人である。もう一人由良宛は彼方の双子の兄であり、変人である。要するに一人二役である。二人とも魅力的な人間で本文中でも「整った顔立ち」と書かれている。私の脳内でシゲアキくんは美術系の大学生をしていたイメージがなんとなくあるゆえに整った顔の美大生が物語に出てくるとシゲアキくんを想起してしまう。*1

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)

プシュケの涙 (メディアワークス文庫)

 

 

 『あたたかい水の出るところ』(光文社)に出てくる茶髪のお金持ち医大生瀬田川福一は中島裕翔くんにやってもらいたい。大型バイクで銭湯に通う場違いな男…なのだけれど物語が進むにつれて誠実で素敵な青年だということが分かるんですけど、「……お前の葬式は俺が出すからな」という最後のセリフをあの顔で言われたら多分涙が止まらなくなるようなきがする。あの平成生まれの昭和顔俳優裕翔くんにぜひ。

あたたかい水の出るところ (光文社文庫)

あたたかい水の出るところ (光文社文庫)

 

 

 『Cの福音』(角川文庫)の主人公朝倉恭介は田口淳之介くんにやってもらいたい。しなやかな体躯を持つアンチヒーロー。誰だってね、自担に悪役やアンチヒーローをやってもらいたいんですよ。あと単純に田口くんはこういう役似合いそうだな、と思っただけなんだけど。

Cの福音 (角川文庫)

Cの福音 (角川文庫)

 

 

 『鳥籠荘の今日も眠たい住人達』(電撃文庫)の中でもダメ男レーダーをくすぐる引きこもり美大生浅井有生を伊野尾慧くんにやってもらいたい。いまさっき美大生はシゲアキくんと言った舌の根も乾かぬうちにこれである。しかし、浅井さんは伊野尾くんにやってもらいたい。特に6巻に収録されているBlood Party!*2の浅井先生をやってもらいたいのだ。生徒をヌードモデルにする倫理観の無さとか特に。分かってほしい。伊野尾くんによれよれの白衣を着せて倫理観皆無の発言をさせたいのだ。それだけだけど。

 

 とりあえず思いつくのはざっとこんなものだろうか。正直これ超楽しかったです。でもこれ作品ファンの人には怒られちゃう気もするがこういうのは言ったもん勝ち楽しんだもん勝ちということでご容赦ください。

 この記事を書いてる間にグレープフルーツピール作りを失敗して残念な物体にしてしまったのでどうにか食べることのできるものにするためにもう少し頑張ろうと思う。今日からいただきハイジャンプレギュラー放送開始だが悲しいことに北海道での放送は未定で涙を流しています。ぜひ放送してください……。

 

*1:シゲアキくんは法学部のご出身ですけども……

*2:番外編。もしも鳥籠荘の住人達が吸血鬼のいる世界にいたら、の話