塩と泥と眼鏡

浅く広いぬるいヲタクの備忘ログ

君の歌は希望で、君の声は光だ。 ーー畠中祐くんのアーティストデビューに寄せて

 7月12日、声優界の自担たる畠中祐くんが最高のデビューシングル『STAND UP』を提げてアーティストデビューをした。そのことに寄せてぼんやりと思ったことを書こうと思う。とりあえずMVを貼っておく。


畠中 祐 / STAND UP -Music Clip Short ver.-

 

 彼を知ってからというもの、この歌唱力なんだから、いつかアーティストデビューしてくれないかな、と事あるごとに呟いたり、ブログに書いたりしていた。でも、事務所所属歴や年齢を考えるとまだまだ先なんだろうな、と思っていた。その矢先のことだ。

 KENPROCKFestival2017で、彼のアーティストデビューが発表されたのだ。えー、何歌うんだろ、夢キャスかなあ、歌う曲無いよね〜、なんて笑っていた前日までの私を殴りに行こうかと思った。お前、笑ってらんねえぞ、畠中祐、CDデビューするぞ、と殴り込みたかった。あの日、アーティストデビューの一報を最初に見たのはジャニヲタ活動用のアカウントであった。片道フォローの方がRTされていたその記事を見たのだ。自分でもその一報を二次声優アカではないところで見たと思うといまでも不思議な気持ちでいっぱいだ。とにかくその記事を読んでこれはとてつもないことがはじまる、と息を飲んだ。持ちうるすべてのアカウントで「声優界の自担がアーティストデビューします! よろしくお願いします!」と叫ぶようにツイートしたのがつい数日前のような気がしてくるが、もう4ヶ月も経つのだ。

 4ヶ月もどうやって待ったのだろう。その間に彼はBLCDデビューしたり、ユニットデビューしたり、アーティストデビューより先に本人名義の曲が発売されたりしたのは記憶に新しい。4ヶ月連続で畠中くん絡みのCDが出続けて、更にジャニーズの方の自軍もシングルを出したもんだから*1この4ヶ月なんかむっちゃCD買った気がする。

 

 音源が解禁されてからというもの、ラジオや、アニメイトチャンネルで限定配信されていたKENPROCKでのパフォーマンス、YouTubeで公開中のショートMVなどで表題曲である「STAND UP」は何度も聞いていた。それでも、初めてこのCDをフルで聞いた時の衝撃はとてつもないものであった。

 あれが本当に若手声優のアーティストデビュー作なのか、実はもう4、5作ぐらい出してるんじゃないの? とかとにかく衝撃が体中を駆け回った。どうにか絞り出した感想は、ヤバい。その一言だった。語彙力はひとまず死んだ。

 c/w「エール ~旅立ちの歌~」は、特にすごかった。とにかく歌唱力で殴るスタイル。月曜更新の畠中祐の今、向かってます!!! 第40回で涙腺にくるエピソードと1番だけ聞いて多少の覚悟は決めていたはずなのに思わず鳥肌がたった。いやそれもう声優のアーティストデビュー作とか信じないわ、本職歌手のそれやん……と大サビで思わずノートパソコンをぶん投げそうになった。なんやねんあの歌唱力……。エールはジャニヲタ的に自軍ではないけれど好きなグループがよくお世話になっている編曲家さんが編曲してくださっているのだけれど、なんかコンサートのラストで歌ってそう……って思った。歌の後、インストが流れ続けてそこで最後の挨拶をするような感じ。ライブっていうよりコンサートのラストを飾るにふさわしいと思う。(ジャニヲタ脳) 身もふたもないことを言うと某4人組ユニットの曲みたいだよねこれ。(多方面から刺されろ)

エール ~旅立ちの歌~

エール ~旅立ちの歌~

  • 畠中 祐
  • アニメ
  • ¥250

 

 他の2曲、まずは表題の「STAND UP」こちらもまためちゃくちゃ素晴らしい曲だ。彼の好きが詰まっていて、イントロのワクワク感、そして疾走感があり、キャッチーでダンサブル、そして"はじまり"を思い起こさせる爽やかさを持ちつつも、間奏で突然深みのある弦セクションが出てきたと思ったら、ラスサビ前一瞬音が消えて、アイドルさながらセリフを囁いてみたりと構成がおもしろい。デビュー曲として相応しい祐くんのこれからの名刺がわりになる曲だろう。

STAND UP

STAND UP

  • 畠中 祐
  • アニメ
  • ¥250

 

 更にもう一曲のc/w「Starter」も主役級の楽曲で、ああ、これをカップリングに持ってきてしまうか、と驚いた。チョエクとかめきゅめきゅ、キャンストをカップリングにしてしまう自軍を思い出して、ハタナカ、お前もか……となってしまったのは内緒だ。"夏の星空"というテーマ通りにコズミックかつコーラス多用の壮大な、でも爽やかなサウンド、なのにダブステップ思わせる間奏などなど、様々な要素が詰め込まれていて6分という曲の長さを感じさせない。というか再生後6分あることに気付いてびっくりした。

Starter

Starter

  • 畠中 祐
  • アニメ
  • ¥250

  インタビューでどの曲も表題を飾れる主役級の楽曲だと祐くんは言っていたがまさにその通りだなあと思った。ファーストシングルで三曲ともこのクォリティならば、気が早いかもしれないがセカンドシングルにも多大な期待がかかるだろう。制作側もプレッシャーすごそう。

 でも、セカンドシングルも、きっといつか出るであろうアルバムも楽しみで仕方ない。ゆくゆくはタイアップを取ってほしいし、単独ライブだってやってほしい。いつかはあの大舞台へ……と彼の行く先をどこまでも期待してしまうのだ。彼の魅力に憑りつかれているからだろうか。でも、あの作品を最初に出してきたのだから期待しても許されたい。

 

 祐くんの歌声の何がすごいか。偉そうなことを言うが、あの真っ直ぐで伸びやかな歌声だけではなく、さらに技術が乗っかって恐ろしい相乗効果を生み出していて、この歌声を完成形としてもいいぐらいなのに、まだまだ伸び代が見えるところだろうか。あと音域がめちゃくちゃ広いしファルセットが半端ない。STAND UPのコーラスがおそらく全部祐くんなことにびっくりした。さすが遺伝子レベルで歌がうまいだけあるよなあと思った。

 実は私、祐くんの役と本人の歌い分けがよくわかってなかった、というかそんなに違わないだろうと思っていたんだけど、今回『STAND UP』収録曲を全曲聞いてから同日発売の『夢色キャスト Vocal Collection 3 ~A Chance to Make Progress~』に収録されている「ファイナルアプローチ」「HOT CHORD CRISIS」を流れで聞いて、歌い方が全然違うことに気付いた。なんじゃこりゃ……すげえな声優って……と思った。

ファイナルアプローチ

ファイナルアプローチ

  • 城ヶ崎昴 (CV.畠中 祐) & 新堂カイト (CV.林 勇)
  • アニメ
  • ¥250
HOT CHORD CRISIS

HOT CHORD CRISIS

 

 そんなすごい才能なのに彼の歌唱力はまだ世の中に見つかっていなかったのだ。発売後にすっごい歌上手いね、という感想が散見された。

 なんと怖いことだろうか。もしかしたら魑魅魍魎跋扈する声優界、彼のような逸材が見つからずにゴロゴロ転がっているのかもしれないと思うと本当に恐ろしい。

 私は、変なタイミングだったけど、あなたを知ることができて本当に幸せ者だ。

 

 正直、あの歌唱力にバッキバキのダンスが付いてくるのだから、きっと怖いもの無しだなあ、と思う。私はいかんせん声優を好きになってから日が浅い。そのため、比較対象がジャニーズになってしまうのだが、多分畠中くんの歌唱力と表現力はあのエンターテインメント集団でも通用するレベルなんじゃないかなと考えてしまう。

 MVを初めてみた時、えっ、なんかもうほぼジャニーズみたいな感じじゃん……って思ったのだ。10年事務所沼にズッブズブのはずの私にはそう見えた。爽やかさとかっこよさが両立されたMVはリップシンク、バスケシーン、そして3パターンの撮影場所があるダンス……と内容もてんこ盛りだ。母親にはK-POPアイドルみたいだね、とぼんやりとした感想を告げられたらしい。本人はSHINeeを意識したと某回の今向かで言っていた。確かにK-POPアイドル感も凄い。

 でも、大サビ前無音からのイッッタァイム……(囁き)はジャニーズお得意のセリフ芸じゃないの、と思えてしまって困る。ア~イラ~ビュ~♡(パリンッ)とかセクシ-ロ-ズ……(ウィスパ-)とかあの辺りに通ずるよね? とよくわからない方向を思いながら見ていた。

 

 1時間越えの特典映像、レコーディングからデビュー発表、打ち合わせ、MV撮影までの軌跡を辿る、Road to "STAND UP"を見ながら、ああもうこれ見たら泣いちゃうやつだ……うわああああん、とリモコンを投げつけそうになった。レコーディング後、ラフミックスの音源を聴きながら目頭を押さえる祐くんについうるっと来た。ダンスレッスン、気合い入れすぎて袖も裾も捲り上げて靴まで脱いで靴下で踊ってる祐くんとか、それ以外にもお茶目だったり、爽やかだったり、うっかりさんだったり、いい人だったり、七色にくるくる変わる祐くんの表情を見ることが出来て嬉しかった。そしてケンプロック前の円陣……激アツ激エモでたまらない。これ初回盤の特典で、1800円(税抜)で買えちゃっていいのかなって思った。実質無料って感じだ。ちょっと福利厚生しっかりしすぎじゃないですかね。ただ一つワガママを言えばあのDVDの内容をBlu-rayで見たいってことぐらいだろうか。大満足、お腹いっぱいだ、と思っていたのにおれサマー限定でもう一枚DVDが付くらしいと聞いてまだ回してたの!? と驚きが隠せないぞ。


畠中 祐 / Road to “STAND UP” ダイジェストVer.(デビューシングル「STAND UP」メイキング映像)

 

 このCDと初回盤のDVDにはありったけの希望と目が眩みそうなほどのまぶしさが詰まっている。君の歌は希望で、君の声は光だ。君から明日への勇気をたくさんもらった。

 このファーストシングルを通して何百回も君のことをさらに好きになった。

 圧倒的な歌声や、素敵なダンスパフォーマンスだけじゃない。声優なのに普段喋ってるとよく噛んだり、焦っていると舌っ足らずだったりするところも、レコーディングと聞かされずにスタジオ入りして狼狽えながらも歌い上げてしまうところも、ラフミックスを聞いて感極まって泣きそうになったところも、すごく低姿勢なところも、ケータイをぶっ壊して遅刻して正座で言い訳するところも、気合いを入れるとき靴も脱いでしまうところも、緊張で落ち着かないところも、朝5時の新宿に興奮するところも、全部全部愛おしいと思った。

 いろいろ書いたけど、言いたいことはただ一つである。

 君のことが大好きだから、これからも、真っ直ぐ素敵にたーすくすく成長中! な祐くんを見守っていきたい。4600字以上もぐだぐだ語ったが、結局はそういう話である。

 

*1:WESTの7thシングル、おーさか☆愛・Eye・哀/Ya! Hot! Hot!もよろしくお願いします

あの日、声優界の自担は二次元の自担だった。(夢キャスファンミ札幌感想)

 

 どうも、ブログ更新お久しぶりですかんらです。最近二次元と声優の話しかしてないけど、今日も例によって声優の話です。夢キャスのファンミーテイングの感想・雑感・ぼんやりとした記憶で送るレポ記事です。ざっくり言うと「ジャニオタがはじめて声優イベントに参加した興奮そのまま記事にどーん」な感じです。結構ニュアンスな感想なのにネタバレ過多なので内容は追記へ。

 

続きを読む

ジャニヲタに薦めたい声優ユニット・8Pはいいぞ!

 昨年、有象無象ひしめき合う若手男性声優界隈に面白いユニットが爆誕しました。

 その名は8P(エイトピース)! 若手声優8人で結成されたユニットで、今後の声優業界で生き残るための力・声優力を高めるため、毎月第2第4金曜日12:00にアニメイトチャンネル(https://www.animatechannel.com) にて配信されている8P channel 2(ハッピーチャンネルツー)で、朗読をはじめ、今までたくさんの先輩たちがやったことをどんどんやっていっている人たちです。

 5月10日に晴れてCDデビューしました。『Jumping Smile/FULL VOLUME!!』フロンティアワークスより発売中です。何卒よろしくお願いします! あ、これが試聴のURLです。来月発売の赤担当畠中と白担当千葉の和ロックが聞けるユニットシングルVol.1の試聴もあるよ! http://www.fwinc.co.jp/8p/?page_id=538

 

 この8P、彼らの何が沼って、わかりやすいイケメンからあざと最年少まで幅広く取り揃えています。たぶんこのメンバー構成と番組のぐだぐだ感はジャニヲタの好きなやつだと私は思ってますね。さらに、この子たちは事務所が別で、最初はただ一緒くたにされた人たちだったのに、回を重ねるたびにグループになっていく成長感がバレー組の匂いと似ているんです! 実際ここで一人のジャニヲタが8P沼で溺れてる。だからこそみなさんに薦めたい!

 まずはメンバー紹介。立ち位置画面向かって左からメンバーカラー、所属事務所、代表作、私が勝手に思っている8Pでのポジションを書いていきます。

 

畠中 祐(はたなか たすく) 賢プロダクション所属 『武装少女マキャヴェリズム』納村不動役、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』香賀美タイガ役

ツッコミのできる天然ボケ。すっごくいい子なんだけど、ちょっと口が悪くて語彙力が死んでる一応大卒。芸能一家の生まれだが価値観は普通の大学生。

 

野上 翔(のがみ しょう) VIMS所属 『アイドルマスター SideM』伊瀬谷四季役、『TSUKIPRO THE ANIMATION』久我壱流役

胃痛ツッコミ。最初は大声ボケ枠とも思われたが、8Pがツッコミ不在なことに気付き、ツッコミに回る。愛されキャラ。メガネはしてたりしてなかったり。

 

八代 拓(やしろ たく) VIMS所属 『アイドルマスター SideM』柏木翼役、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』十王院カケル役

大型犬ポンコツ。隣の小さなボケを拾ったりもしてくれるけど、こいつも結構やらかすことがある。ジェスチャーの原型を失わせる天才。

 

榎木 淳弥(えのき じゅんや) アトミックモンキー所属 『刀剣乱舞』堀川国広役、『アイドルマスター SideM』舞田類役

テキトーブラック。基本的に発言がすこぶるテキトーな上になんだかダークで結構ヤバめのネタが多い。小さなボケも多いけど悪い人ではないんだ。

 

水色ランズベリー・アーサー(Arthur Conant Lounsbery) 81プロデュース所属 『スタミュ』月皇海斗役、『アイカツスターズ』吉良かなた役

8Pの奇行子。クォーター・敬語キャラ・一人称私といろいろ盛りすぎな上に発想がやばい。スニーカーは一足も持っていないしジャージもあまり着ない。

 

髙坂 篤志(こうさか あつし) 尾木プロ THE NEXT所属 『Axis powers ヘタリアプロイセン役、『新テニスの王子様』三津谷あくと役

下ネタばっちこいな最年長。あだ名は専務。司会くじで当たりを引くことが多く、結局は8Pのまとめ役。眼鏡を常にかけている。8Pで最初に規制音出した人。

 

益山 武明(ますやま たけあき) 賢プロダクション所属 『アイドルマスター SideM』紅井朱雀役、『夢王国と眠れる100人の王子様』メディ役

包容力抜群の頼れる兄貴。劇団にも所属しているせいか動きと声が大きいけどいいお兄さん。同じ事務所だからか(?)畠中のモノマネが上手い。

 

千葉 翔也(ちば しょうや) シグマ・セブンe所属 『月がきれい』安曇小太郎役、『アイドルマスター SideM』秋山隼人役

 真面目であざとい最年少。隣の人を盾にしつつ突如口撃したりする。ちょっと中二抜け切れてない。十八番は野上のモノマネ。子役上がりのため芸歴が長い。

 

 8Pのユニフォームはメンバーカラーのジャージで、正装は黒スーツにメンバーカラーのネクタイとポケットチーフです。

 前述のとおりメンバーカラーもばちーんと決まってて、そのジャージで番組をやっています。アニメイトチャンネルで好評配信中、DVDもVol.1~3まで好評発売中です。

 その8P channel、番組内容はというと、「声優力を高める」とかいう名目でエチュード、朗読、大喜利ジェスチャーゲーム、クリスマスパーティ、モノボケ、ゴリッゴリなハイテンションであっちむいてホイ、お休みのメンバーにサプライズ(という名のドッキリ)を2回、新年会、だるまさんがほにゃらら、などとにかくわけわかんないことばっかりやってます。果たしてそれで声優力は高まっているのか……。

 でも、CSの深夜男性アイドル番組みたいなもんなんで仕方ないかなあ……。ほんとアイドルみたいにわっちゃわちゃで楽しいです。いい声の男の子たちがキャッキャしてます。

 こんなざっくりな紹介しかできませんが、彼らはまだまだこれからの若手男性声優8P、でも実際今をときめく若手ばかりの8P、よかったら彼らの今後一緒に見守りませんか?

 

 

あなたのおかげでハートすくすく成長中!

お題「○○担になったらこんないいことがありました!」

 綴さんのお題が面白そうなので参加させていただきます。

 自担と呼ばせていただいている生身の人間が私には二人いる。まず広義の自担と一致するジャニーズにおける自担の濱田崇裕くん。そしてもう一人、ここ最近ズッブズブの声優における自担の畠中祐くん。今回は声優界の自担、畠中くんを好きになってからの話をする。

 ちなみにハマるまでの経緯は 声優界の自担、そんなハマると思ってなかった。 - 塩と泥と眼鏡 こちらの記事に書いたので、今記事ではハマった後の心境の変化について書いていこうと思う。

 もうあの記事から100日ほどたったんだけど、その間にアニメイトチャンネルに月額課金しはじめたり、8P channel*1のDVDを買ったり、なりゆきNIGHTのDJCDを買ったり、畠中くんが載ってる雑誌を買ったりした。もともと財布のゆるーいヲタクだけど、ここ数か月めっちゃ財布がゆるかった。

 某ドMラジオでおなじみの挨拶はた~すくすく成長中!*2 な畠中くんは俳優であるご両親の影響からか演技に対しての情熱がすごいのに、どこかポンコツで、でも歌は笑っちゃうぐらい上手くて、優しくって少しバカで、古墳とマヤ文明が好きで、ビジネスドМの要素を某ラジオで付与されて、時々関西弁がぼろっと出てきて、ツッコミ体質だけど天然ボケで、たしかにアホなところは多いけど、年が近いとは思いたくないぐらいしっかりとしていて、持ち前の愛嬌で先輩たちやスタッフさんたちから可愛がられている素敵な人である。あと足首がむっちゃ細い。わりとリア恋枠まっしぐらなとこがある。

 そう、歌がめちゃくちゃ上手いんすよ畠中くん。演技の系統から歌の期待はされてない気もうっすらするんだけど、この人歌すごいよ。いままでキャラソンしか聞いたことがなかったから、本人としての歌い方がわかんないけど歌上手いな、とは思っていた。でも、この前なりゆきNIGHTのカラオケ回でTOKIOの雨傘を歌ってたんだけど、凄かった。確かに癖の強い歌声なんだけど、ハイトーンもしっかり出ていて、かつパワーのある歌声で、たぶんこの人今後アーティストデビューあるわ、と思った。ここが一番推しの要素。

 声優なのに歌推しかい、っていやいや、演技も好きだよ。あのどちらかといえば舞台演技にも通ずる生々しい演技。カバネリを見ていてこの人の演技すごいなあ、引き込まれる、って思った。特に被ダメージの演技が、まったくエロさとかそういうのが無くて、ひたすら痛そうで聞いてるこっちまで痛くなってくる。ドMなのでCV畠中キャラの被ダメボイス集が欲しくなる。ただリップ音がものすごくパッサパサでうかうかしてると聞き逃すので、そこは頑張ってほしい……いやまあパッサパサなのもかわいくて好きだけどさあ。ほらBのLのCD決まったんだし多少は……ね。

 好きな要素を羅列するだけでドキドキして楽しくなってくるなんて、これはまるで恋だな。接触イベントなんか行ったらしんじゃう。リア恋感情なんて8年ぶりとかだろうし、あの時のアレは黒歴史。でもたぶん、今回のこの感情とは仲良くやっていけそう。

 実は、いままでに、ここまでジャニーズ以外の人を好きになったことはなかった。だから、ジャニーズの応援方法しか知らなかったので、最初はいろいろ戸惑った。畠中くんの場合はラジオやバラエティはインターネット配信がほとんどだったり、ニコ生やらのインターネット生放送番組のお知らせが唐突だったり、本人と特にゆかりの無い地域でラジオがはじまったり、Twitterをやってたり、突然ツイッターに自撮り画像が投下されたり、そっとツイ消ししてたり、接触イベント、祝い花、プレゼントボックス等々……後半のほうは何か若手俳優文化と近いなあ、とか思ったりした。

 そして、年の近い芸能人をここまで好きになったのは5年半ぶりである。その時の自担がまあ、自担だったというのもはばかられるようなお騒がせをここ最近起こしている人なのだが、その人が色々あって辞めさせられてから、ほぼ5年半、年の近い人を好きになったことがなかった。一番近くても5歳上と明らかにその時好きだった人が辞めた理由を引きずってる感が否めなかった。確かに自分が成人したのもあるが、少しだけその時のトラウマを畠中くんの存在のおかげで克服できたんだと思う。

 懐かしくて黒歴史のような感情と仲良くお付き合い出来て、自分の知らなかった世界を知って、自分のトラウマを克服できた、そういう意味では私もすくすく成長してると言える。畠中くんのように一つ上とは思いたくないほど、(抜けてるところはあるけれど)しっかりした人にはまだなれないけれど、いつか畠中くんが今以上に素敵な表現者になったときに、人に誇れるような素敵な自分であれたらいいなあ、と思えるようになったのが、きっと畠中くんを好きになってよかったことだろう。

 こんなこと言うのはとてもおこがましいけれど、私だって多少は、彼と一緒にすくすく成長中! なんてね。

*1:アニメイトチャンネルで第2第4金曜日に配信中の若手声優8人が声優力を高めるためにがんばるバラエティ。先日最終回を迎え、シーズン2に突入することが発表された。

*2:事務所に入って初めてゲストとして出たラジオで某先輩が3秒ぐらいで考えたらしい挨拶

グルーヴドールの世界に溺れて楽しい……そんな気分。 #おたく楽しい

 しきさん主催のアドベントカレンダー #おたく楽しい Advent Calendar 2016 - Adventar への参加記事です。まさかの自担の誕生日担当だよ! はまちゃんお誕生日おめでとう!! 先日『夢色キャスト』の記事で飛び入り参加したんですけど、明日12月20日からクリスマスイベント後編がはじまるので是非是非ヨロシクオネガイシマスネー!!

saltandsilt.hatenablog.com

 今回の#おたく楽しいは、私が今年の夏、なんかいきなり思い立って急にお迎えしてしまった、グルーヴ社が販売をしている巨頭ドール、プーリップファミリー(プーリップ、イスル、テヤン他)の話だ。プーリップとは「今の気分」を表現することをコンセプトとした1/6スケールのファッションドールであり、韓国のデザイン集団天上天下が製作ているものである。これから、アジア系のお顔をしたかわいいかわいいお人形さんのことを鼻息荒く話そう。

 ここからは突然巨頭ドールの写真が登場するので苦手な方は上手くこの記事を避けて通ってほしい。

 さて、みなさんはドール、とくに球体関節の子たちのこと、正直どう思うだろうか。

 たとえばボークス社のドルフィーシリーズとか、ああいうお高くて大きい子たちの印象が強いのではないか。すげーお金かかりそう……とか思われている気がするのだが、プーリップなどの量産系巨頭ドールの子たちは違う。新品なら高くとも2万ぐらいで買える。中古ならピンキリだが、運が良ければ4000円ぐらいで(アウトフィットがダメになっていたりもするが)買えたりする。

 

 これがうちの子たちの写真である。画面左からイスルの葵(デフォ→白石秋羅)、プーリップの紫(デフォ→綾波レイ)、テヤンの藍(デフォ→魔愚那)の三人がいま家にいる。カスタムの話も後でするが、この写真を撮った数日後に藍のアイと全員のまつげをカスタムしてしまったが、写真を撮りなおすのも面倒なので、この家族写真で失礼する。

f:id:saltsilt39:20161217044335j:plain

 うちの子たちマジでかわいい。ちなみにこれ↓がもともとのビジュアルだ。

Isul 白石 秋羅 (しらいし あきら) I-921

Isul 白石 秋羅 (しらいし あきら) I-921

 
プーリップ / 綾波レイ (アヤナミ レイ) F-579

プーリップ / 綾波レイ (アヤナミ レイ) F-579

 
テヤン / 魔愚那 (マグナ) F-926

テヤン / 魔愚那 (マグナ) F-926

 

  グルーヴドールとくくったが、うちにいるプーリップとテヤンはジュンプランニング時代の子たちである。まあ、関係のない話だ。

 最初にお迎えしたイスルは新品で、7月15日にうちへやってきた。急に欲しくなったから講義の合間に買いに走った。プーリップは5000円ぐらいの中古品で、10月30日にうちへやってきた。午前指定の宅配便を待ちながらそわそわした。テヤンは4000円ぐらいのオークションで競り落とした品で、11月29日にうちへやってきた。フラゲしたWESTのライブBlu-rayを見ながら箱を開けた。

 とまあここ数か月、勢いだけでお迎えしまくっているが、まあ簡単に言うとプーリップファミリーはドール入門におすすめなのだ。何故、プーリップファミリーがドール入門におすすめなのか簡単に書いていく。

 

 その① 値段が安い。さっきも書いたのでここは割愛。

 その② デフォルトのままでも十分魅力的である。アニメ作品などのコラボドールなども数多く存在するプーリップファミリー。ここ最近であればセーラームーンなんかもそうであろう。コラボドールではないオリジナルドールもかわいらしい子が多く、例えば、イスルのミッドナイトデジャヴとかがそのいい例だろうか。(個人的に好き)

Isul Midnight Deja Vu (ミッドナイト デジャヴ) I-916

Isul Midnight Deja Vu (ミッドナイト デジャヴ) I-916

 

 その③ カスタムがしやすいプーリップファミリー最大の特徴ではないだろうか。公式の1から作るプーリップであるMake It Ownシリーズの存在もあるが、まずはお洋服の話だ。

 公式からもアウトフィットが販売されているが、市販の他ドールの物も着せられるのだ。テヤンだけはちょっと探すのが難しいのだが、プーリップ、イスルは思い立ったらいろいろ変えられる。まず大前提としてプーリップとイスルは、かの有名なリカちゃんやジェニーと体のサイズが同じぐらいなのだ。まだ私はやっていないが、おもちゃ屋さんで売っているリカちゃんのお洋服を買ってくれば簡単に着せ替え出来てしまうのである。びっくりだ。テヤンは幼SDとかそういうところまで手を伸ばさないと見つからないのがネックだが、探せばテヤン用の服じゃなくても入ったりする。

 次に、ヘッドのカスタムの話だ。ほかのドールと同じようにメイクカスタムをすることも可能である。それは普通の話だろう。プーリップは巨頭ドールである。体のサイズはリカちゃん(30㎝ドール)だが、頭のサイズはなんとドルフィードリーム(60㎝ドール)と同じぐらいなのだ。だから、ウィッグやヘアアクセはドールオーナーの多いDD用のものが使えて、ウィッグ探しが簡単なのである。うちの子のうちイスルとテヤンがしているウィッグや、プーリップのしているカチューシャは某中古コスプレ店で500円ぐらいで売っていた中古品だ。

 さらにアイカスタムもしやすい。この記事を書きながらやっていたまつげの変更も簡単で、新しいまつげは100均の物を利用した。

 アイの交換であるが、12㎜のカットアイが眠り目をさせる上では最高らしいのだが、特に眠り目にする必要ねーんだわとかいう、うちみたいな家の子はユザワヤ的な手芸屋さんで普通に買えてしまう虹彩部分が透明の12㎜ベアアイを買って、ちょっと小細工すれば簡単に好きな色の目に出来でしまうのだ。安いうえにお手軽だ。気になる人は プーリップ ベアアイ カスタム あたりの単語を並べて検索だ! 需要があれば開頭アイカスタム記事書くけど……。

 とまあざっくりいえばこんな感じである。これが私の思うプーリップファミリーの魅力だ。ほとんどカスタムの話しかしてねーじゃねーかよってのは置いといてほしい。

 

 プーリップはもともと韓国系イタリア人の設定のドールのため顔に程よいアジア感があってたまらない。わたしがプーリップファミリーを好きになったのは顔が一番である。ここまでべらべら御託を並べてきたが、顔が好きだから最初にイスルを買ったのだ。顔だ。顔が好きなのだ。アイドルと同じで顔が好き。だから手元に置くことにした。プーリップファミリーのお顔が刺さったアナタ、余裕があったらぜひお迎えしてみてはいかがだろう。顔の好きな子が一緒にいる生活、最高です。かわいこちゃんが見てるから生活もすこしかしゃっきりするし、お部屋も何となくきれいになったり、いいことずくめだぞ!

 #おたく楽しい 19日目、グルーヴドールはいいぞ。ざっくり言えばそういう話でした。私の話はこれでおしまい。

 ここからは特に内容も無しにうちの子かわいい自慢を始めるので、追記で失礼します。

 

続きを読む

夢色キャストのステージに立つ君を見てる! ――キミと輝きたいから、と歌う君を。 #おたく楽しい

 しきさん主催のアドベントカレンダー #おたく楽しい Advent Calendar 2016 - Adventar に参加(自担の誕生日に書くぞ!)しているのにさらに飛び入り参加で激シャブ恋するミュージカルリズムゲーム夢色キャストの話をします。したいんですさせてください。

ycast.sega-net.com

 

 セガランティスが贈る、恋するミュージカルリズムゲーム夢色キャスト』をご存じだろうか。

 正直あん○タやアイ○ナなんかの有名ソーシャルアイドルゲームの陰に隠れてしまっている作品だろう。だからこそ私は声を大にして言う。

『夢色キャスト』はいいぞ。

 今回ご紹介するゲーム『夢色キャスト』はエンディングまでたどり着けたソーシャルゲームがラブセンのみという筋金入りのジャニヲタが、リズムゲームが苦手すぎて三日でリズムゲームアプリを削除してしまうようなリズム感皆無野郎が、正直いままでプレイしてきた数多の乙女向けゲームで一度もキャラクターに対してリア恋感情を抱かなかった私が、現時点でのメインストーリーを読み切り、飽きずに半年以上ゲームを続け、リア恋感情を抱くキャラクターを見つけてしまったという素晴らしい乙女向けソーシャルリズムゲームである。(※これは個人の感想であり、感じ方には個人差があります)

 そんなもっと評価されるべきゲーム『夢色キャスト』の魅力をゲームシステムにはほとんど触れずに説明していく。

 よかったら、まずこれを見てほしい。先日(なうぇすとと同発!)発売されたばかりのVocal Collection 2 ~DEPARTURE TO THE NEW WORLD~の試聴動画である。

youtu.be

 これは、イベント楽曲と第2部主題歌『Sunshine would tour』を収録したアルバムなのだが、ハロウィン→不思議の国のアリス→クリスマス→お菓子の国→正統派ミュージカル→執事→怪盗→医療モノと個性あふれる題材の楽曲が並ぶ。ここがまずこのゲームの特徴だろう。演目イベントごとに新楽曲が(歌無しの場合もあるが)登場する。12月5日現在は二回目のクリスマスイベント『聖夜のラブレター』が開催中であり、前回クリスマスイベントの楽曲と共に新BGMも特別演目に登場している。

 先ほどの動画、見ていただいた方はお気づきだろうが、楽曲の作詞が全曲畑亜貴さんであり*1、作曲家勢も殆どの方があの良曲揃いアニメ『ラブライブ!』に楽曲提供している方々ばかり。

 その中にはジャニーズの作詞曲をしている方もいる。山Pの『抱いてセニョリータ』作曲の渡辺未来さん*2A.B.C-Z花言葉作詞曲の佐々木裕さん*3のお二人だ(もしかしたら調べ損じがあるかもしれない)。

 こんなふうに作詞家、作曲家ともにすごい布陣で楽曲の良さ保証済みのゲームなのだ。しかも声優さんも歌が上手い人を揃えているため、プレイ中良曲と良い声で殴られている感が凄い。フルサイズで聞いたらミュージカル見たあとの気分になる。(個人の感想です)

 

 楽曲の良さを何となく伝えた後でキャラクターの説明だ。

 夢色カンパニーのメインキャスト*4の7人をざっくりではあるが紹介しよう。ちなみにキャラクターデザインはあの『アイドルマスターSideM』『プリンス・オブ・ストライド』などを手掛けたFiFSののかなこさん、キャラクタースーパーバイザーは同じくFiFS曽我部修司さんとキャラクターメイキングまで豪華な顔ぶれである。

f:id:saltsilt39:20161203181855p:plain

朝比奈 響也 カンパニーの主宰。みんな大好き王子様キャラ。ただし、かなりの演劇バカ。ちょっと世間離れした子である。真っ直ぐすぎる。

藤村 伊織 歌舞伎界のプリンスと呼ばれていたのに家を飛び出しミュージカルの世界に飛び込んだ。かなりの努力家。「んあっ!」って言う人。

橘 蒼星 大事なメガネキャラ。響也の幼馴染であり親友。そしてカンパニーのお母さん。ビジネスの話が大好き。爽やかそうに見えて怖いぞ!

桜木 陽向 小悪魔現役DK。自分を騙し続けた元天才子役。あざとかわいい枠のわりに背負っているものが割と重たーい子だぞ! 見た目とは裏腹に辛党。

新堂 カイト 俺様ヴォーカリスト。突然バンドを解散してカンパニーに入団。よくあるただの俺様ツンデレキャラかと思いきや中身は結構ょぅι゙ょ。

雨宮 仁 ブロードウェイで活躍していたダンサー。公式の紹介と1番食い違ってる人。すごいチャラい。でもちゃんと冷静な年上もやってる。

城ヶ崎 昴 大型犬枠。怪我でサッカーを諦めた時に伊織の存在を知り、追いかける形でカンパニーにやってきた。身体能力高めでばかわいい。肉好き。

 この7人がミュージカル劇団夢色カンパニーのメインキャストである。第三章からは、夢色カンパニーに立ちふさがる脅威、ライバル劇団GENESISも登場するからますます目が離せないぞ! しかもそのGENESIS、中の人がめちゃくちゃ豪華なんだな……。

 このゲームは乙女向けゲームなので、もちろんヒロインも存在する。ヒロインは夢色カンパニーの脚本家で、デフォルト名は彩瀬まどか。素敵なおみ足のショートパンツが似合うかわいらしい女の子である。チュートリアル時に立ち絵が拝めるし、メインストーリーや恋愛ストーリーのスチルにも出てくる。この子の脳内の引き出しどうなってんの……。特にアリスンとか……。

 実はメインキャスト以外のキャスト(ノーマルカード・CV無し)も、メインキャストに負けず劣らずものすごく個性豊かな人たちの集まりなのだが、そこは是非プレイして確かめてもらいたい。例えば、出るゲーム間違ってる気がするナチュラルボーヤンデレ(?)の日暮日音くんとか……。

 ちなみに、メインキャスト7人のソロ楽曲が収録されたアルバムも発売されたばかり(Fantastic Timeと同発!)ですって奥さん。

 

 さて、メインキャスト7人の話をした後で、このゲームの推しというか、もはや二次元の自担というしかないほどに大好きで仕方がない、城ヶ崎昴(じょうがさき・すばる)くんのことを話させてほしい。

youtu.be

 静岡県出身のいて座の男の子! メインキャストの下から2番目、カンパニーのムードメーカーでイメージカラー緑のおバカさんだけどお歌がめちゃくちゃ上手(どこかのグループにこんな子いるよね……気のせいかな?)な昴くん。*5 昨年、誕生日記念で作られたソロ楽曲『You&Me…で, wave?』もEDM系のノれる名曲で歌詞も素晴らしいので試聴だけでも是非。

You&Me…で, wave?

You&Me…で, wave?

  昴くんのどこがセールスポイントって大型犬枠なのにあざとくないところ、そして嘘がつけないところだろう。どこまでも真っ直ぐで、だからこそ折れそうになったこともあるけど、また新たな夢を見つけて、ひたすら愚直に進み行くその姿が好きになったのだ。

 メインキャストの中でも入団したのは最近で、元々はプロサッカー選手を目指していた昴くんはミュージカル俳優としての経験が浅い。それでも持ち前の身体能力を生かし、カンパニーではアクション指導を担当している。演技やダンスなど他のメンバーに後れを取らないようにコソ練(言っちゃってるので最早コソ練じゃない)したり、「あいつ輝いてるから」それに追いつき追い越すために頑張るのだ。

 ……って感じのめちゃくちゃいい子なので、よろしかったらぜひ推してください。いやほんと別に同担拒否とかじゃないんで……。ダウンロードされた夢色キャストの数だけすばるんはいるんで……。そうなると今130万ほどすばるんがいるのかあ……。

 

 夢色キャストは厳密にいえば今流行りのアイドル育成ゲームではなく、「ミュージカルリズムゲーム」の名の通りミュージカル俳優育成ゲームである。普通のアイドル育成ゲームと何が違うのかというと、ほとんどのカードは劇団員であるキャラクターがさらに役を演じているという二段構え*6。各カードにはお披露目ストーリーとキャストストーリーが存在するのだが、その中の場面が劇中劇のものであればセリフ枠に書かれるのは役名だったりするという、まあ言ってしまえば少しややこしいのだ。

 しかも、ゲーム内に実装されている楽曲や、高レアリティカードについていたりするソロチャレンジボイスは役によって声優さんが演技の仕方も変えていたりするのだからまた面白い。執事リバーシブルで橘蒼星が演じたシリウスやCITY OF SWEETSで城ヶ崎昴が演じたドナーティ侯爵なんかはその最たる例だと私は思っている。*7

 

 ゲームシステム上の魅力(フルボイスのメインストーリー、jubeat的なUIの音ゲー、個性豊かな反応を楽しめる差し入れ、劇場レイアウト、DCTコレクションなど)もたくさんあるが、ここを語り始めたら10,000字超えてしまうので割愛する。ここは始めればわかるポイントだ。気になったら是非プレイしてみてほしい。

 いきなり始めるのはなあ、というアナタにはもう一つのメインストーリー第1部とも言える*8ノベライズ版『夢色キャスト The AUDITION』を読んでみるのもいいかもしれない。試し読みもできるぞ! →夢色キャスト The AUDITION - pixivノベルで小説を無料試し読み

夢色キャスト The AUDITION (ビーズログ文庫アリス)

夢色キャスト The AUDITION (ビーズログ文庫アリス)

 

 ちなみにコミカライズ版は近々花LaLa onlineにて連載開始予定である。続報を待つしかない。*9

 

 さて、駆け足ではあったが夢色キャストの魅力、お伝えできただろうか。私はいま、こうやって夢色カンパニーを追いかけているのが、すごく楽しくて仕方がない。キャストの生誕祭などの節目ごとに放送されるニコニコ生放送も声優さんたちが楽しんでこの作品を作り上げていっているんだな、という事が分かって、私はいちユーザーでしかないが、とてもその事が幸せだと思っている。ぐだぐだ長ったらしくなり、最後の最後で惚気話のようになってしまったが、伝えたいことは一つだ。

『夢色キャスト』はいいぞ!

 

 ――だからほら、はじまりを告げるベルを鳴らして!

 

 

play.google.com

 

*1:この動画の曲だけでなく、実装されている歌のある楽曲すべての作詞が畑亜貴さんである

*2:『CALL HEAVEN!!』『世界は恋とSweets&Kiss』他

*3:『SKY BEATER』『心の鎖を解かれたら』

*4:登場キャラクターはみんな劇団員なのでキャストと呼ばれる

*5:歌が上手いのはCV.畠中祐なのもあるけど……かんらちゃんが突発的にハマってしまった声優界の自担=昴くんの中の人・畠中さんについてきもちわるーく語った記事はこちらです→声優界の自担、そんなハマると思ってなかった。 - 塩と泥と眼鏡

*6:演目名が「プライベート」と呼ばれるキャラクターのプライベートに焦点を当てたカードも存在する

*7:聞きたい場合は夢色キャストを始めてください、と言いたいところだがどっちもたまに特別ガチャで出てくるような限定SRなので……してもいいと思うよ(自己責任で)

*8:ゲーム内のメインストーリーや花とゆめに掲載されたコミカライズとは少し違う物語となっている

*9:たぶんコミカライズ版は読み切りがThe AUDITION編(メインストーリー第1部)で、最後のページ的にPHANTOM of MASQUERADE編(通常演目・Rank4で解放)からウェブ連載になるのかな……?

声優界の自担、そんなハマると思ってなかった。

 お久しぶりです。かんらです。タイトルでおわかりでしょうが、急に声優さんにドはまりしてしまったんですよ。生粋の茶の間ジャニヲタのはずの私がいきなり沼に転がり込みました。まあ、茶の間だけど。アニメは好きだけどそんな声優さんにハマるこたあないだろう、とか軽く見てたら気付けばもうズブズブですよ。やだ怖い。

 何がびっくりって自分とは一生縁がないと思っていたシチュエーションCDを探してだらけ→らしん→メイトと彷徨ってたからね。もうびっくり。鉄は熱いうちに打て、ブログは情熱が醒めないうちに打てと言うし、ざっくり書いていこうかな。すごーい軽い気持ちで書いたキモーい文章なんでノリで読んでね。

 私が声優界の自担と勝手に呼んでいるのは賢プロ所属の新人(?)声優の畠中祐さん。あのKING OF PRISM by PrettyRhythmの次世代プリズムスタァ総選挙1位の香賀美タイガの中の人です。カヅキ先輩がオメーなんかに負けるわけねーだろ!\そうだそうだ/のタイガきゅんですよ。いやあのキンプリ世界の推しは十王院専務なので……キンプリ出ではないです。

 

 どうしてまあそんな急に畠中さんに落ちたのかというと、まず数か月前、セガ×ランティスが贈る恋するミュージカルリズムゲーム夢色キャスト*1の攻略対象キャラの一人城ヶ崎昴に一目ぼれ。そのひたむきさと前向きさを愛しながらゲームを進めているうちに、お菓子の国*2と執事*3カード覚醒後のギャップにキュンキュンしてたらうっかりソロボイス聞いちゃって、その声色の違いに昴くんの中の人の演技もっと見てみたい、と思って手を出してしまった。

 甲鉄城のカバネリ*4に……。ええそうです。カバネリ出の畠中担です。カバネリは良いぞ。

 

 今の時代は便利だよね。アマゾンプライムとかそういうあれでお家にいながら一気に見ることができるんもんね……そうやって先月末は10月30日の夕方ごろから急にカバネリを見出して、途中レンタル救世主に花丸を見るために止めたけど、それでもほぼぶっ通しで12話完走した。推しJr.の美勇人くんの誕生日も忘れながら。ごめんなみゅーと……。12話完走して思ったのは、回を重ねるたびに生駒の凄みが増していくのなんなん? 畠中さんしゅごい……って語彙力が完全に死んだ感想で。まず畠中さんの演技に対する情熱がすごいなと*5調べてびっくりした。畠中さんの出てる他の作品も見たい! となってあとはずるずるずるずる……。

 とりあえず手を出したのはニコニコ動画で全話無料配信中のショートアニメにゃんころり ~けんぷろ学園~*6。これが大きな間違いだった……。1話3分程度のフラッシュアニメを70話(2016/11/11現在)も見たらほらもう逃げられないよね……。敬語かわいいちびにゃんこハタきゅんイズエンジェル。なのに時々中の人の素が漏れてたり、出演アニメネタが転がってたりするのがやばい。

www.nicovideo.jp

 延々と癒しのハタきゅんボイスを耳にしてると、なんだか中の人の声が聴きたくなって、それじゃあラジオだ!と手を出したのはカバネリツアーズ*7で。これもまた間違いだった。畠中さんと、同じくカバネリでメインを張っていた千本木さんの新人声優コンビが送る甲鉄城のカバネリのWebラジオのはずなんだけど、通称がKDR(クソドMラジオ)と、そこからもうひどい。畠中さんのドMが発覚して千本木さんに叱られて、ブヒブヒ言ってる新人声優のラジオとは思えない濃さのやばみを含んだKDR。主人公の声優が自ら本編の名言をドMで汚していくKDR。聞けば聞くほど癖になるKDR。最終回はもはや新種の夫婦漫才の域に達していた気がするKDR。このラジオ、危険。

ラジオCD「カバネリツアーズ」Vol.2

ラジオCD「カバネリツアーズ」Vol.2

 

 

 こんなん聞いてしまったら、いったん小休止して、きれいな畠中を求めるしかない……、とiTunesでキンプリのタイガくんのキャラソンレジェンド・ワールドとED曲ドラマチックLOVEを勢いだけでポチった。プリズムの輝きを感じる。それにプラスして発売日にポチってた夢キャスの昴のキャラソンYou&Me…で,wave?をリピートしまくっていた。畠中さんの歌声が心に染みる……。

 

 それでも、まだまだきれいな畠中が足りない私は、まだ1枚しかリリースされていないシチュエーションCD星空ホールへおいでよ♪ ~愛熱カタルシス~*8を探し回ってアニメイトで奇跡的に売っているのを見つけてレジへダッシュ。そんときメイトでかかってた曲は偶然にも夢キャスのバースデーコレクション収録曲でしたね。そんな偶然いらない……。お家に帰って再生して改めて畠中さんの歌の上手さに感動しましたよね。しかも星空ホールへおいでよ♪、愛熱カタルシスどちらもなかなかの名曲なんですよ。なんというかシチュエーションCDというかキャラソンCD買ってきた気分になった。

youtu.be

 きれいな畠中成分が満ち足りたから次はバッテリーとかの未視聴作品に手を出すか、それとも吹き替え作品のほうを見るか、それともまた深淵覗きにKDR聞くかで迷っている。まだまだ声優ハマりたての私ですし知識も足りない若輩者ですのでお勉強頑張りますからどうか、どうか刺さないで……。

 多分ハマるのがもう一週間早かったら札幌で畠中さんが登壇されるイベント軽率に申し込んでたと思う。怖いね。こんな勢いよくハマるとは思わなかった。なんかこんな勢いよくジャニーズ以外の何かにハマるの久々だから楽しい。けど戸惑いもすごい。これからは今まで通りのジャニーズの自担と声優界の自担の二本体制で行こうと思う。元々自担は1人って決めてるわけじゃないし。

 さて、今日もまた夢キャスシャンシャンするぞー!